たしなみの吟味

生涯進歩するつもりでやればいいではないか。将来有望な男のたしなみ記録

夏フェスに長靴は必要かどうか

一日中野外を歩き回る夏フェス。僕はフジロックにしか行ったことありませんが、日差しや雨風、砂埃やぬかるみなど自然との戦いは避けられないと思います。特に足元は体力やテンションに影響が出るので、気をつけて準備したいところです。

【目次】


夏フェスには何を履いていけばいいか

暑いのでサンダルは過ごしやすいのですが、歩き回るのでどうしても疲れやすいです。また舗装されていない道を歩くため怪我する恐れもあり、サンダルオンリーはおすすめしません。

歩きやすさで言えばスニーカーですが、雨やぬかるみにやられやすく、一度水浸しになるとなかなか乾かず、グチョグチョして気持ち悪いです。。

雨対策でいうと長靴ですが、こちらも歩きやすいとは言えず疲れます。また晴れた日は暑くて蒸れます。

一足で済ますならばトレッキングシューズが一番万能だと思います。歩きやすさはもちろん悪路にも強いです。実際、フジロック会場ではトレッキングを履いている人が多く、特にメレルのトレッキングはおしゃれでカラーバリエーションもあってか人気のようです。


砂利や雨対策を考慮するとくるぶしまであるハイカットの方がおすすめ。


スニーカーもいいけど雨対策を忘れずに

歩きやすいトレッキングですが、今後登山をするわけでもないしわざわざ買うのもなぁと思う方は履き慣れたスニーカーでもいいと思います。ただ、その場合はクッション性の高いソールのものを。そして出来たら砂利が入らないようにハイカットのものがおすすめです。コンバースのような靴は疲れるのでやめた方がいいです。

そしてスニーカーで行く場合は、ぜひ長靴の併用も検討してください。たかが雨と侮ってはいけません。自然の中は豪雨になりやすく泥だらけになります。前述の通り、一度水浸しになったスニーカーはなかなか乾かず不快な思いをします。3日間参加する予定で初日に大雨降ってスニーカーが水浸しで泥だらけ、なんてことも珍しくありません。

それで長靴ですが、普通の長靴はかさばるので、折りたたんで携帯できる日本野鳥の会公認の「バードウォッチング長靴」が便利です。雨が降ったらさっとこれに履き替えるだけでもだいぶ快適だと思います。


フェス中は相当歩きますし、水浸しのスニーカーではテンションも下がってしまうので、そうならないための対策は取っておいた方がいいです。

まとめ

履物はトレッキングシューズが一番おすすめ。スニーカーで参加するなら雨対策に携帯できる長靴を用意した方がいい、というのが僕の意見です。サンダルや長靴だけで参加するのはおすすめしません。
以上、参考になれば!